きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

No.39

みんないのちゃんにすごく感謝してるんだなって思ったよ。可愛い顔で生まれてきてくれてありがとうとかさ、自分(いのちゃん)にとってはそこまで得になることじゃないじゃん。でもそれで伊野尾革命がきたわけだから、メンバーは感謝してるんだなって思った。感謝できるグループで良かったよ。

裕翔も俺達に背中を見せながら先頭に立ってくれてありがとうって言ってたね。本当に大人になったって思ったよ。裕翔がセンターが2人はだめだって一歩引けるようになったから、仲もうまくいようになったんだと思うし。裕翔は山田くんのこと敬愛してるよね。Mステとかでも喋れる位置に来ないじゃん裕翔は。端っこで「うんうんそうなんですよ」とかカメラに向かって言ってるけどね。笑 

そういう部分では光くんも目立たない人だよね。メンバーが話してる時は喋らない。だけど、言うことはちゃんと言ってファンにだって声かけてる。

 

なんかいいねその言葉、笑 嬉しい。

 

大人が見てそう見えるんだから良いグループなんだと思うよ。いのちゃんが低迷してたら今年の活動はどうなってた?

 

 

 

No.39の会報を読んで母とした会話です。なんかすごく嬉しかった。やっぱり大人の意見って大事だなってつくづく思います。視点が違うし、人生の経験値も、ものごとをすごく冷静に見てる。私は結構自分は正しいと思ってしまうタイプだし、意見を押し付けたり暴走したりしてしまってる部分があるなって思います。だから、私にとって母とJUMPの話をするのはただ単に楽しいだけじゃなくて自分も冷静になれるような気がするんです。私にとっては母が一番正しいから。

 

ゲレンデの話も知念くんが根に持ってる話も、薬局のくだりもすごく面白くて。個人的に薮くんがさらっと放った「ツンデレ、すげぇな。」もウケました。笑

JUMPにトーク力が足りないことや内弁慶なことは本人たちが一番自覚してる。だから何も偉そうに言えないけど、9人で話す時の笑いのレベルの高さをもっと色んな人に見せられたらいいのになって思いました。自分の長所や短所をちゃんと答えられるんだから、それだけちゃんとした人間性を持ってるのに身内にしかJUMPの良さが伝わらないのがもどかしくて。でもバレたくないって気持ちもどこかにあって。矛盾した気持ちばかりだけど、やっぱりもっともっと色んな人に知ってもらいたいなって、今はそう思います。