きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

なんとなく鮮明に

もう1ヶ月が経ってしまった。

終わった直後からどんどん忘れていくあの時間。忘れたくないのに、それからどんどん更新されていく記憶にかき消されていく。自分にとっては大切でたまらないものなのに、もう一度今の自分にとってはとなると優先順位は低くなって、だんだんあの時間が夢か現実か分からなくなってしまうくらい曖昧になった。

 

でも昨日思い出したよ。それも、突然。全部じゃなくて、なんとなくあの時かなくらい一瞬のもの。でもその一瞬がすごく鮮明に。想像より大きくて遥かに男らしい体で、人間みたいに見えなくて初めて実物を見た私からは目の前にいる彼らが違和感でしかなかった。テレビと変わらないいのちゃんと他のメンバーとは明らかに何か違う雰囲気。バクステの角まで来てしゃがんでアリーナに手を振ってくれるメンバー。大ちゃんの笑顔。知念くんのファンサ。きっと誰が見ても焦る山田涼介の圧倒的存在感とスター性。え、JUMPってちゃんと存在したんだなって混乱した気持ち。正直JUMPの歌声はあんまり覚えてないんだ。ほとんど自分も一緒にノリノリで歌ってしまったから、歌に注目できなかった。それだけは後悔してて、もしまたいつか会えたら今度はちゃんと歌声もしっかりと聴かなきゃと思う。

 

たぶんあんな近い席は二度とないと思うし、最初で最後の最高の距離だったと思う。これ以上の近いところに行けたらそれはこの上ない幸せだけど、会えるだけで十分だから 今年また会いたいと思ってしまう。欲張りかな。

 

じゃんぺがメンバーそれぞれの更新になってから色んなところでしょっちゅう感想が聞こえるようになった。来年になったら遊べなくなるし、その分のお金をじゃんぺに充ててみようかな…とりあえず読んでみたくてたまらない。

 

JUMPも頑張ってるから私も頑張ります。とりあえず頑張るばっかり言ってて頭おかしくなりそうだけど、毎回適当に口に出してるわけじゃないしこれでも頑張ってるんだけどなって思うことも少なくないけど、周りから見ればこれは頑張ってないんだろうし結果が出なきゃ意味ないんだもんな…毎週カレンダーの9人に励まされています。頑張ります、