きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

2016年 ➳ JUMPとファン

今年も残すところあと少し。

1年とっても早かった。今年はJUMPを好きになって〝 ほんとに私はファンというものになったんだな 〟と実感した年でした。好きな歌手はJUMP以外にもたくさんいます。でも、JUMPとは『 好き 』と種類がなんか違うんですよね。JUMPはもう心から好きって感じ…( 何変なこと言ってるんだろ← )ほんとこれ、恋ですよ(笑)でも、JUMPを通してブログを書けること、JUMPを好きなみなさんのブログを読めることがとても楽しいです♪私のブログを読んでいただき、ありがとうございました!

 

自分でもどうやってまとめればいいのか、何が言いたいのか、正直分かんないので、思ったことをどんどん書きますね。

 





先週、ある方のブログを読みました。その方は、2009年からいのちゃんのファンだったそうです。今年になって、いのちゃんを筆頭に急激にブレイクしだしたHey! Say! JUMPに気持ちが追いつかない、ブレイクしてきたことで もう全てが叶ってしまったような感覚。でも、有名になったから冷めた、そんなファンにはなりたくなくて ずっと苦しかったそうです。


私はJUMPのことを考えるとき、きっとファンの方々と同じような気持ちなんだろうなと思って過ごしてきました。でも、それは全然違って。目の前で今にも、いのちゃんのファンが、JUMPのファンが消えてしまいそうだった。それが今のJUMPファンの現実なんだって。それが、苦しくてつらかった。


この文章を書いたのは12月24日。その方は今、もう伊野尾担をおりることにしそうです。だって、ブログの内容も締めくくってるようだし、ひとことも〝 伊野尾くんの担当を降りる寸前5秒前 〟ってなってるから。もう、いのちゃんに出会えたこと ずっと応援できたことに感謝してしまっているから。いのちゃんを好きでいる、今を楽しむと言っているから。私の目の前で、もうすぐ、いのちゃんファンが1人消える。


つらすぎます。だめだ、泣きそう。

 




私は売れる前のJUMPをあまり知りません。だから、新しくファンになった人という立場で意見を言わせていただきます。

 

その方は〝 私が好きになったのはかっこいい伊野尾くんだった。かっこいいのに女性らしい伊野尾くん。かっこいのに残念な伊野尾くん。でも今は、見た目も中身もかわいい伊野尾くん。かわいいだけの伊野尾くん。その状況が受け入れられなかった。違和感しかなかった。〟と綴っていました。


いのちゃんは今、かわいいで浸透しています。先日のブログでも言った通り、昔のいのちゃんは〝 かっこいい 〟です。今のいのちゃんもすごく好き。でも個人的にはかっこいいいのちゃんの方が好きだった(笑)気付いたとき、自分でも驚きました(笑)


〝 いのちゃんはかわいい 〟それだけで、好きになる人もたくさんいると思います。でも、みんながみんな それだけで好きになってるわけじゃない。いのちゃんの、テキトーじゃない、本当のいのちゃんを知って好きになってる人もいます。昔からJUMPを応援してる方々には敵いませんが、自分たちなりに いのちゃんを、JUMPを理解しようとしてるし、見た目だけで好きになってるわけじゃない。その方を批判してるわけじゃないんです。それだけは分かってください…


ブログを読んで、昔から いのちゃんを好きで、応援してきた人は今、本当につらいんだと知りました。売れていなかったころは、いのちゃんの良さを周りの人には理解してもらえなかった、でも私は いのちゃんの魅力を知っている、いのちゃんの良さを分かる人だけが好きになればいいんだって。そう思っていたのに、今は いのちゃんが理解されている。いのちゃんのファンだと言っても何も不思議がられない。私たちは昔から、いのちゃんの魅力に気付いていたのに。昔のいのちゃんには私たちファンは必要されていると感じてた。でも今のいのちゃんは、たくさんの人に支えられている。すると、昔からいのちゃんを好きだった方々は「私たちはもう必要とされていない。」そう感じてしまう。〝 新しいファンとの温度差を嫌というほど感じる 〟とその方は書いていました。

私たちは、もっともっと 伊野尾慧を理解するべきなんじゃないでしょうか。昔からのファンの方々との温度差をなくしたい。


いのちゃんは、今 自分でも自覚しちゃうくらい売れています。それは、いのちゃんにとってはすごく嬉しいこと。でも、やっぱり 昔からいのちゃんの良さに気づいてた人は独り占めしているようで、それが嬉しかった。見切れていても、露出が少なくても、テレビに映ったその短時間でいのちゃんは自分自身をちゃんとだしていて、それだけで満足できていた。自分はずっと前から知っていたのに、そういう気持ちは経験したことあるので私も分かります。だからこそ、今 昔からのファンの方々は想いが複雑でしょうがない。

 

今年、JUMPはとても売れました。事務所からの推しがすごい。それは、みなさんが感じたことだと思います。そして今年、JUMPのファンは〝 昔からのファン/新しいファン 〟2つに分かれていました。さっきも言った通り、昔から応援しているファンの方々はもうJUMPに願う夢が叶ってしまったんです。このままだと、そのファンの方々はたぶんいなくなってしまう人も多いんじゃないかな、と思います。〝 新しくファンになった人がうらやましい 〟そう呟いてしまうくらい、心の中がぐちゃぐちゃなんだと思うんです。でも、それは私も同じで。新しくファンになった人も 〝 昔からJUMPの魅力に気付けていたことがうらやましい 〟そう感じていると思います。いのちゃんが有名になる前に、私も魅力に気付きたかった。

 

昔から応援されていたファンの方々がいなくなってしまうこと、それは私たちには止められません。昔からのファンの方々は、売れないJUMPを売れるまで応援してきました。なら、私たちは売れている間のJUMPを応援するだけじゃいけない。流れが終わっても、JUMPを応援し続けることが 残された私たちにできることなんだと思います。

 

2015年は〝 複雑な気持ちのままファンを続けた方/昔から今まで通りファンでいる方/新しくファンになった方 〟がいました。2016年、複雑な気持ちのままファンを続けた方が、追いつけない、今のJUMPに願うことはもう何もない、といなくなってしまう可能性もあります。その方々が、どう動くかによって、2016年のJUMPは大きく変わるだろう、と思っています。このままJUMPが人気であり続けるとは限らない。だからこそ、2016年はJUMPにとって本当に勝負の年だと思います。来年の今日、JUMPはどんな景色を見ているんでしょうか。私たちファンは、どんな気持ちで新年を迎えるのでしょうか。

 

そう思うと〝 やっぱりまだJUMPはゴールしていない 〟と強く感じます。まだまだこれからなんだ、と。JUMPの魅力はすごいものです。今、複雑な気持ちを抱いている方もやっぱりJUMPを離れることは難しいんじゃないかな、これからも一緒に応援しましょうよ!って期待してます(笑)

 

最初に言った通り、私のように新しくファンになった人は昔のJUMPをあまり知りません。だから、昔からJUMPを見ているファンの方々からJUMPの魅力を語ってほしい。それは絶対に表面的なものではないと思うから。もっともっとJUMPのことを教えてもらいたいです。

 


違うブロガーさんがこう綴っていました。


〝 彼らは後ろを振り向かない。

前だけを見つめて走っていく。 

でも私はあまりのスピードの速さについていけない。後ろをちらちら見てしまう。 

 
そんな感情を今年はずっと抱いていた。 
 
でも決まって思い出すのは今年のツアーパンフレットで自担がいっていた言葉。 
 
 「振り落とされないように、しっかりしがみついていて下さい」 
 
この一文にファンに対する気持ちがつまっている気がして。とても大切に思ってくれる気がして。 〟

 

大ちゃんが言った言葉ですね。直接では言えません。偉そうに聞こえてしまうかもしれないから。だから、こう綴ったブロガーさんに今、ここで言います。

 

彼らは前を向いて走っています。後ろを振り向かず、全力で前に。でもいつか、ゴールが見えたとき、必ず彼らは後ろを振り向くと思います。そして、みんなが追いつくまで待って(大ちゃんなんか、待ちきれずにUターンして、迎えに行っちゃうんじゃないかなと思う 笑)最後にはみんなで手をつないでゴールする。これがHey! Say! JUMPなんじゃないかなぁと私は思っています。ゴールしたそのとき、1番最初に感謝するのは私たちじゃない。売れなかったころから応援し、支え続けてきてくれた方々。JUMPは感謝を大事にするグループです。私ももっと前にJUMPを知りたかった。魅力に気付きたかった。本当にうらやましいんです(笑)

 

どうぞ、ファンをやめないでください。不安にならないでください。〝 私はずっと前からJUMPのファンなんだ!〟って胸を張って自慢してください。まだ新米な私たちを、もっとJUMPに引き込ませていってください。私たちは、本当のHey! Say! JUMPを知りたいのです。

 

 

 

 

 

 ここで紹介した、お二人のブロガーさん、勝手に記事の内容を載せてしまい本当にごめんなさい。承諾をいただこうと思ったのですが、お伝えする手段がありませんでした。もし、この投稿を見ていただいてるなら 直接おわびしたいのでコメントしていただけると嬉しいです。

 




言いたいことは以上です☺︎なんかスッキリしました!本当に私の勝手な考えなので、全てが正しいとは言えません。ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。嬉しいです(*^^*)

 

なんかJUMPが主ではなく、ファンについての記事になってしまいましたが、私の言いたかったことは1つ残らず書きました。

 

 

 

 

〝 来年のJUMPも楽しみ!!〟

 

 

 

今は自信を持ってそう言えそうです。ずっと、JUMPのファンでいたい、応援していきたいです。売れる売れないが重要ではない。売れなくてもJUMPが今まで通り、ずっと笑っていてくれたら私は幸せです。JUMPが人気になったことで、メディアへの露出が増え距離が近くなったように感じますが、実は遠くなってしまったのかもしれない、とも感じます。それでも、みなさんと一緒にこれからも応援できたら嬉しいです。

 

この前、YouTubeにアップされているJUMPの今までのFNS歌謡祭や、ベストアーティストなどの動画を見ました。デビュー当時、2007年のFNS歌謡祭の動画が、みんな本当に楽しそうで。いのちゃんでも思いっきりダンスして、ジャンプしてて(笑)でもそれが、本当のいのちゃんじゃないかなって。実は、全力少年なんじゃないかなぁ(笑)今はテキトーキャラって言われて、ゆるい感じに見られてるけど、私は思いっきりダンスしてジャンプしてるいのちゃんの方が好きです。かわいい いのちゃんも好きだけど、来年はもっともっと全力でかっこいい いのちゃんを見たいな。

2007年からの映像を見てると本当にみんな見違えるくらい、かっこよくなってました。なんだろう、もうなんか言葉では表せないくらい、かっこよくて、大好き。


JUMPがこれからどんどん人気になって、たくさんの人がJUMPを好きになっていくのは寂しいです。新しくファンになった私でも寂しいんです。昔からJUMPを見てきた人はもっと寂しいんだろうな…


いつか、もっともっと人気になったら いのちゃんへの気持ちが分からなくなる時があるかもしれない。でも、絶対嫌いになれない、離れられないんだろうなとも思います(笑)JUMPを知ったのは突然。JUMPを知れば知るほど好きになっていく。こんなにハマってしまったのに、すぐに抜けられるわけないなって( ̄▽ ̄)でも、それでいいんです。今は。

JUMPを好きになってよかった!ほんと今、すごく幸せな気持ちです♪


これから私たちファンがどうなっていくかは分かりません。もちろん、ずっとみなさんとJUMPを応援できればいいけど、ファンだって人間だから。飽きちゃうことも冷めちゃうことも当たり前。だからこそ、今を全力で楽しみたい。


クリスマスの日、Mステを見てる時 お母さんが「伊野尾だよ!伊野尾出てるよ!」って言ってたんですけど、私 顔赤くなっちゃったみたいでバカにされました。いのちゃんで顔赤くなる自分がやだ!いのちゃんには負けたくない( また出た、このプライド 笑 ) お母さんにはJUMPの魅力がまだ伝わってない!表面しか見れてない(*`へ´*)←

これからも、家族にはバカにされ続けると思うけど きっと変わらず好きでいます。いつか、家族に認められるのもやっぱり寂しいけど(笑)


この投稿で紹介したお二人のブログを読めて本当によかったです。JUMPのこと、いのちゃんのことを考えるきっかけになったから。


 長くなってしまい、本当にすいません…(泣)

 

 2015年、JUMPを知って好きになれて本当に幸せでした。





 

どうか、2016年がJUMPやファンの皆様にとって幸せな1年になりますように…*.°

 

 

f:id:inopomme:20151224232635j:plain

f:id:inopomme:20151224232702j:plain

 

f:id:inopomme:20151224232720j:plain

 

 



受験が終わるまでなるべく来ないつもりですが、私がJUMPのことを話したいだけ話せるのはここしかないんです(笑)だから、時々はブログ書きにきちゃうかもしれません(>_<)笑

 

 はてなブログを始めて、みなさんのブログを読めて話せることが本当に嬉しいです!

 

来年もまた、よろしくお願いします(´-`).。oO( ♡ ) 

 








良いお年をお迎えください▷◁*。゚