きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

どうして



どうして、こう気持ちよく好きでいることができないんだろう。


どうして、好きなのに不安でしょうがなくて、つらくて、胸が痛いんだろう。



〝 いっそ、嫌いになれたらいいのに 〟


そう思ってしまうくらいつらい。


好きになって本当に幸せなのに、それと同じくらいつらくて、胸が痛い。




どうして、純粋に好きでいることができないの。


どうして、不安なの。




ねえ、どうして。