きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

受験生あるある

ふと思いついた〝 受験生あるある 〟を、勉強の合間の気分転換に書いてみようと思います(♡˙³˙)

受験生っていうものは、毎日 勉強しかすることがなくて、色んなものも我慢して、とにかく毎日ストレスが溜まるものです。←
そんな受験生をちょっと面白く書いてみよう!と思ったのが始まり(笑)



これは〝 受験生あるある 〟


・・・という名の、


〝 受験生の私あるある 〟です( ̄▽ ̄)


JUMPが好きで、いのちゃんが好きで、私みたいな性格の受験生なら共感してもらえるかもしれませんが!(笑)


それでは始まり始まり〜♪(テンションおかしい)



① あの人物にドキドキする

日本中を歩いて、日本地図を書いた人にドキドキする件。みなさんご存知、(やぶっちせんせー!というのは冗談)伊能忠敬


◎「伊能」と書こうとすると「伊野尾」と書いてしまう。
◎「伊能忠敬」と書きながら、いのちゃんを思い出して勝手にドキドキしてる


いや、これはきっと受験生じゃなくても共感してもらえると思いますよ!!!(笑)



② 受験が終わったら…

入試が近づくにつれ、考えてしまうのは「受験が終わったらなにしよう」ってこと。

お兄ちゃんに『どっかにメモしとかないと、受験終わった開放感で全部吹っ飛ぶよ』と言われたので、ノートに書きだめしています(笑)

主に買いたいもの、読みたい本です(´-`).。oO

それで、色々想像してて「最初はJUMPing CARnival、1人で観たいなぁ」と思いまして。1人で観て、めっちゃ騒ぎたい、コンサートに入り込みたい!みたいな(笑)

うちには犬がいて、しかもだいぶ甘えん坊なので「留守番させるのかわいそう」ってなっちゃって、普段あまり お母さんはお出かけできないんです。

だから、「受験終わったらいつか1日中お出かけしていいよー!1日くらい、ずっと1人でいたいし!」って言ってきました(o^^o)

「うんわかったー!何日?(笑)」

お母さん嬉しそうだった(笑)



ふふw

1人で観れるじゃん?( 犬はいるけど )
騒げるじゃん?

あー何回観よう!!

やっと感想を記事に書けるー♪



(´-`).。oO( 妄想中 )



③ まさかの

これは、あるあるではないです((( ⍥︎ )))
今日あった話…

卒業アルバムが早く欲しくて「アルバム早く欲しいー!」って言ったら(笑)

兄「嵐の?」
母「へーせーじゃんぷの?」


ちゃうわい!!!!!←



④ やる気でました

私立入試が終わって、合否も出て、ちょっと安心しちゃって なかなか公立入試に切り替えられなくてヽ(;▽;)ノ

本当に全くやる気が出ない日もあり…

試しに音楽聴きながらやってみようってことになって、某サイトでJUMPを調べ、聴きながらやってみました。




めちゃめちゃはかどりました。笑


でもやっぱり、音楽聴きながらだと頭に入ってない気がするので、なるべくしないようにしますが、どうしてもやる気が出ない時は この作戦に出ることにします(*´ `*)

JUMPの力ってすごいですねー!←


聴き流しで使うので、リズム・雰囲気重視で選曲しました♪

〝 我 I Need You 〟と〝 明日へのYELL 〟何回聴いたかなぁって感じです*

明日へのYELL、進研ゼミの冊子に書いてあった通り、めっちゃ応援ソングになりました!(笑)



⑤ 急に出てくる

授業中、急にJUMPが頭の中に出てくる。

それでまた、ドキドキしてる。





以上です( ̄  ̄)笑



⑥ 閉まっては出す、の繰り返し

iPod触ったり、JUMP関連のものを見てると、あっという間に時間が過ぎてしまうので、机の引き出しの深くにしまってあるんです。

でもやっぱり見たくなっちゃって。
みなさんのブログも読みにきちゃって。


深くにしまう ☞ 出す ☞ しまう ☞ 出す


きっと、これからも毎日 これを繰り返して自分と戦うんでしょう(笑)






あるある、もっとたくさんあるかなと思ったんですけど、思いつくのはこれくらいでした( ´;ω;` )

最後があんなやつでごめんなさい(笑)



この記事を読んでくれたみなさんには伝わっているかと思いますが、日々JUMPと格闘しながら勉強をしています( ̄▽ ̄)

でも幸せなんですよね、これが!(笑)



受験生でJUMPを好きになれてよかった。

つらいけど、毎日幸せです!




あと23日。



いつもコメントとかで応援してくれて本当にありがとうございます!


頑張れているのも、みなさんのおかげです(*˙˘˙)


私も みなさんのこと、ずっとずーっと応援しています*





読んでいただき、ありがとうございました🌟