きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

きみがすき

山田くんがすき。

絶対エースな山田くんがすき。
目を合わせて、ニコッて優しく微笑むところがすき。
私の中ではジャニーズ1ってくらい、山田くんは綺麗な顔立ちでかっこいい。
山田くんの歌声にはすごく感情がこもってる。
〝自分だけじゃなくてみんなで一緒に〟その優しさがすき。
ツンが本当に多いのに、メンバー愛で溢れてるところがたまらなくすき。
JUMPがいないと山田くんは元気がない。
JUMPがいるからこそ、山田くんはキラキラしてるんだと思う。
山田くんの演技がすき。
いつでもアイドルでいてくれるところがすき。
かっこいいのにかわいくて。
ツンなのにおもしろい。
サッカーの道を選んでたら今頃活躍してたのかな。
でも、山田くんがアイドルを選んでくれて本当によかった。
アイドルの要素たっぷりの山田くんがすき。



知念くんがすき。

容姿はかわいいのに本当にかっこよすぎるところがすき。
JUMPの癒しな知念くんがすき。
クロバットできる知念くんがすき。
ネズミが似合いすぎる知念くんがすき。
高校のとき、裕翔くんは唯一 毎日のように学校に行けてて。
そんな裕翔くんに、変わらずそばにいてくれた知念くんの優しさがすき。
いつもアイドルでいてくれる。
いつもかわいい!かっこいい!って思わせてくれる。
そんな知念くんがすき。
いつも前向きに生きているところがすき。
この仕事が夢だった知念くんは、ちゃんと今を楽しんでいて、ちゃんと生きている。
手を抜いたりしない、天狗になったりもしない。
ファンに不安な思いをさせない。
そんな知念くんがすき。



裕翔くんがすき。

アイドルなのに、役者みたいなモデルみたいな裕翔くんがすき。
コンサートではたくさん手を振ってくれる裕翔くんがすき。
立ち位置を変えられても、裕翔くんだから前を向けた。
乗り越えられたんだと思う。
ドラムを叩けるところがすき。
裕翔くんにしか撮れないJUMPの表情がある。
裕翔くんの大口を開けた笑い方がすき。
最近は色々あって、裕翔くんが嫌になったりもした。
避けたりもした。
でも嫌いにはなれなかった。
なれるはずなんかなかった。
それは裕翔くんがJUMPだから。
裕翔くんを表面状で知ってるわけじゃないから。
優しくて、かっこよくて、かわいくて、明るくて、おもしろくて、仲が良くて。
Hey! Say! JUMPの中島裕翔だったから、私は裕翔くんがすき。



圭人がすき。

とにかく優しい圭人がすき。
怒ってるのに泣いちゃう圭人がすき。
優しすぎて、「もうちょっとグイグイいっていいんだよ」って思うこともあるけど。
それが圭人の魅力なんだとも思う。
JUMPをやめようと思ったのは、逃げたいからじゃなくて、みんなの足を引っ張ってしまうから。
優しすぎるんだよ圭人は。
英語がペラペラで。
ギターも弾けて。
努力家で。
体だって男らしい。
本当の意味で「かっこいい人」は圭人なんじゃないかなって、いつも思う。
かっこいい圭人がすき。
とにかく優しい圭人がすき。
「愛されるべき人」の圭人がすき。



大ちゃんがすき。

大ちゃんの歌声がすき。
大ちゃんの笑顔がすき。
大ちゃんの言葉がすき。
それにはいつも優しさがつまってるから。
キラキラした笑顔はみんなを安心させる。
誰よりも人の気持ちに寄り添うことができる大ちゃんがすき。
かわいい大ちゃんがすき。
かわいいのに、かっこよすぎる大ちゃんがすき。
周りのことを考えすぎて、自分のことをあとまわしにしちゃってないかな。
って時々不安になるけど。
でも大ちゃんは、みんなの笑顔がすきなのかもしれない。
なら私は笑っていたい。
大ちゃんにとびきりの笑顔を届けたい。
子犬のような大ちゃんがすき。
太陽のような大ちゃんがすき。
すきって何回言えばいいんだろう。



光くんがすき。

光くんの書く歌詞がすき。
光くんのぬけてるところがすき。
でも、JUMPをまとめて率いてるところがすき。
光くんはデキる人だと思ってた。
けど、らじらーでは噛み噛みで。
ばかなの?ってくらい天然発言をして。
でも、肩の荷がやっとおりたのかなって感じがした。
光くんの歌声がすき。
光くんの声は切ない。
でもそこには、美しさと優しさがつまってる。
その声に涙が出そうになる。
いじめられていたと言ってた。
けど、光くんはその子たちに正面から立ち向かった。
そんな、光くんの強さがすき。
おもしろい光くんも、かっこいい光くんも。
ぬけてる光くんも、真面目な光くんも。
全部全部すき。


髙木くんがすき。

髙木くんの優しい顔がすき。
男らしくて、でもオネエっぽい。
ちょっと、たまに出ちゃう「抜け感」。
そのギャップがたまらなくすき。
かっこいい曲は男らしく歌う、
優しいところは優しく歌う髙木くんがすき。
メンバーをまだ「名字+くん付け」する髙木くんがすき。
あの笑った顔がすき。
前髪のある髙木くんもすき。
ごくせんのときはグレてて。
JUMPもやめようと思って社長室に向かった髙木くん。
ドアをノックする手を止めたのはメンバーの存在。
髙木くんの中で、ちゃんとメンバーの存在は大きいものになってた。
それがすごく嬉しかった。
今を幸せそうに生きている髙木くんがすき。
前しか向いていない髙木くんがすき。



薮くんがすき。

薮くんはずっと苦手だった。
1人だけ大人すぎる気がしてたから。
でもそれは違った。
大人になろうとしてたのかなって気付いた。
Jr.時代小さかった薮くんは、JUMPでは最年長。
自分が嫌われる覚悟でメンバーを叱った薮くんがすき。
陰でJUMPの柱になってる薮くんがすき。
透明な薮くんの声がすき。
ふにゃっと笑う顔も、かっこいい薮くんもすき。
薮くんのつくる歌詞は切ないものが多い。
でも、言葉ひとつひとつが綺麗で。
この歌詞すきだなって思うものが多い。
リーダー的存在の薮くんがすき。
大人な薮くんがすき。
かわいい薮くんも、かっこいい薮くんも、甘えてる薮くんもすき。
あのときの気持ちはどこに行っちゃったんだろうってくらい、今はちゃんと薮くんをすきになれた。



いのちゃんがすき。

私にとってのJUMPの入り口はいのちゃん。
いのちゃんの容姿がすき。
いのちゃんの手がすき。
いのちゃん表情がすき。
テキトーって言われるけど、本当は誰よりも周りを見ることができて、気を使える人。
人のために涙を流せるひと。
先輩後輩関係なく、感謝を言葉にできる人。
1人にとらわれない人。
いのちゃんをすきになって、大事なことをたくさん学べた気がする。
黒髪のいのちゃんも、マッシュのいのちゃんもすき。
かっこいいいのちゃんも、かわいいいのちゃんもすき。
「この仕事で頑張るのは当たり前」そう考えられるいのちゃんがすき。
テキトーなようで、ちゃんとファンを傷つけないような言葉を選んでくれるいのちゃんがすき。
ふわふわの笑顔の裏には、芯の通った思いがある。
だから、人々の心に刺さるし、惹かれてしまうんだと思う。
いのちゃんがすき。
いのちゃんがだいすき。
どれだけ言葉があっても、この想いは伝えきれない。







新しい人生を、再び芸能界を歩き始めた森本くん。ブログにコメントもしてきました。

JUMPにいた日々が、どうかつらい記憶でありませんように。



私は9人が大好きだし、
これからも9人についていく。








この前の記事で、ここはネット上なんだなって改めて感じました。

帰り道、バスの中でJUMPの曲を聴いていたら涙が出てきました。




私にはやっぱり無理かもしれないって思いました。JUMPのことを知らないうちに傷つけちゃってるのかもしれない、ファンマナーが悪いっていうのは自分のことなのかもしれないって思うとつらくて、怖くなりました。



でも、今日のらじらーを聴いてやっぱりブログを書き続けたいって思いました。


熊本に住んでいる子からのおたよりを読んでいるときにいのちゃんが泣いていました。

おたよりをくれた子はみんな「JUMPに救われた」と言っていました。


私がJUMPを必要としているように、被害にあわれた方々もJUMPを必要としてるんだよなって。

私は今、JUMPを見て楽しんでるだけじゃだめなんだって。


被災した方々も一緒に、早くJUMPと楽しめるように一緒に頑張らないといけない。


頑張って ダメになって また立って
胸はって 羽ばたいて
ほら 笑えるのが人なんだって



被害にあわれた方々に届けたい歌詞。
ORANGE RANGEの「瞳の先に」という曲です。

今がつらくて、不安でも、必ずちゃんと笑える日がきます。
私たちは人だから。
必ず乗り越えられるから。
その先には笑顔があるから。

私は応援しています。
一緒に頑張りましょう。











そして、いのちゃんが泣いた。

そんないのちゃんの優しさを知ってもらいたい。
JUMPの優しさを届けたい。

だから私はブログを書き続けていたい。






信憑性に欠ける情報を流してごめんなさい。




JUMPを好きになって、JUMPをたくさん知って、幸せをもらって。

JUMPってこういう人達なんだよ、
かっこいいんだよ、
かわいいんだよ、
優しいんだよ、





他人の言葉じゃなくて、
自分の言葉で。

自分の想いを届けたい。




ブログを書かなかった、


書けなかった、1週間は私にとって大事な1週間になりました。






ネット上だってことも、改めて気付くことができたから。




JUMPが本当に好きだって、

言葉にできないくらい大好きなんだって気付くことができたから。



だから、私はこれからもここでJUMPへの想いを届けていきたい。









きみがすき、って。











きみがだいすき、って。