きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

5月1日。

今日は5月1日です。
この記事が100記事目になります。


そして、今日は私にとって特別な日です(*´ `*)







2015年5月1日のMステを見て私の中の何かが動き始めました。

出演者のひとつに Hey! Say! JUMPがいました。

披露する曲は、新曲のChau#。


王子様のような衣装に身を包んだ9人はジャニーズだというキラキラを持っていました。


いつものように、ジャニーズの一部として見ていた




…つもりでした(笑)




まったく覚えていませんが、どういう気持ちになったのか、それから無意識にJUMPを気になり始めてしまったんです。


〝 無意識に気になる 〟ということはありえないかもしれません。

でも本当に〝 無意識に 〟という表現が1番合ってるような気がします。


Chau#を披露したJUMPをジャニーズの一つとして認識していた私は、そのとき何を感じたんでしょう。

そして、JUMPに興味を持ち、その中でも「伊野尾慧」というメンバーに1番興味を持った。





一体何を感じたのか。




不思議でなりません(笑)
びっくりするくらい何も覚えてないので…!!





気付いたら、毎日のようにJUMPを調べていて、毎日JUMPのことで頭がいっぱいでした。



「最近、気になる」

『なにが?』

「伊野尾が(笑)」



お母さんと、そんなやり取りをしたのを覚えています(笑)



もうこの頃はだいぶ好きになってしまっていて、こんなに好きになったのは初めてで、ただただ毎日戸惑っていて。

誰かに言いたいんだけど、恥ずかしくて言えなくて。


頑張ってお母さんに「今は気になってるだけ」とウソをついて暴露しました(笑)


ごめんねお母さん。笑



あのときは、もうすでに気になる程度の「好き」ではありませんでしたヽ(;▽;)ノ




受験勉強で忙しくなるまで、日記を毎日つけていました。

そこにもJUMPのことが少し書いてあって、恥ずかしくて誰にも話せないから、ここに書いていたんだろうなって今では思います(笑)




すぐに全員を好きになることはできませんでした。




JUMPを知らなかったけど、知ってるメンバーは何人もいました。

「この人JUMPだったんだ」そう知るだけでも嬉しくて。


個人としては好きになれなくても、みんなが集まってJUMPになって、歌ったり、わちゃわちゃしたり。
それが大好きでした。


受験生だったのに、頭の中は9人のことでいっぱいで。

でもこんなことJUMPは嬉しくないだろうなって、頑張らなきゃってJUMPの存在が力に変わって。


「9つのトビラが開くとき」を呼んで、JUMPの好きが強く深くなりました。


Jr.のころのそれぞれの活動やユニットを見ました。

Uitra Music Power を歌うデビューしたばかりの9人を見ました。



彼らはどんな気持ちで、どんな想いでジャニーズでいるんだろうって。

デビュー前も変わらず頑張り続け、希望に満ち溢れたデビュー当時の彼らを見て、たくさんの想いが自分の中を駆け巡りました。



みんなが好きだなぁ




って。


心で感じたんじゃなくて、なんか体全体で感じた感じ。



ちゃんとみんなを知って、好きになった瞬間。






JUMPはジャニーズだけど、
どこかジャニーズらしくない。


それは今も気になり始めた時も感じていることです。




顔面偏差値99と言われるくらい、JUMPはかっこよくて、はっきり言ってアイドルらしい容姿を持ってる人が多い。


でも、JUMPの本当は内弁慶。



かわいいの箱を開ければ、かっこいいしか出てこない。


おもしろくて、明るくて、かわいくて。
でもふと見せる、男らしくてかっこよすぎる表情に落ちる。


ジャニーズの要素たっぷりなのに、他のグループと比べるとはっきりと違うところがある。



それは、歌声。


9人の持つ、たくさんのキラキラの中には優しさで溢れている。


私は日々、そう感じてなりません。



歌詞やメロディ、歌い手に涙することはあっても、歌声に涙したのは初めてでした。



JUMPが好きだから、そう感じてるだけかもしれません。でも、JUMPは優しいの割合が多すぎる気がして。




JUMPを好きになって、たくさんの人と出逢いました。


ジャニーズ好きな子、
高校ではJUMPファンの子とも出逢いました。

NEWSファンだった子も1人、もちろんNEWSファンのままではありますが、JUMPファンにしました( ̄▽ ̄)

TwitterでもJUMPファンとたくさん出逢いました。





「好き」って、ひとつじゃないんだなって知りました。

「JUMPを好きで応援していたい」その気持ちはみんなひとつだけど、「好き」は絶対にひとつじゃないんだなって。


話していても、この子は私の「好き」とは全然違うなって思うことが多いんです。



でも、ここにいるみなさんとは似てるなって。
同じじゃなくて「似てる」なんだと思います。


本当に話しやすくて、楽しくて同じ「好き」に感じるけど、とてつもなく「似てる」だけなんだろうなぁって(笑)


でも、似てるから私はここが1番好きで、1番落ち着くんだと思います。


JUMPと同じくらい、
ここで仲良くしてくれるみなさんが大好き。






5月1日、テレビでJUMPを見なかったら 私は好きになることはなかったかもしれません。


小1のころ、コミックでデビューしたばかりのJUMPを認識しなかったら、私は好きになることはなかったかもしれません。




運命って、怖いですね(笑)









そして、昨日、兄からLINEで写真が送られてきました。



そこに写ってたのは、



私宛にきた茶色の封筒。
1番に目に入ったのはHey! Say! JUMPの文字。

やっと届きました。







待ってたよ、JUMP。

コンサート絶対行くからね。

絶対に会いに行くからね!










JUMPが本当に本当に本当に大好きです。
5月9日、私は学校で日直です。
それだけでめっちゃ嬉しいの!

ずっと山田くんの誕生日、あの子日直かぁって思ってたら、まさかの自分で(笑)

授業中に気付いた時の嬉しさハンパなかったんだから!
最強にニヤニヤしてたから←


でも、それくらい大好きなんだよ。

もうJUMPをジャニーズのひとつとして見ることができません(笑)



私の中では〝 大好きな人 〟だから。




山田くんは努力家で、
知念くんは24時間アイドルでいてくれる。

裕翔くんはずっと笑っていてくれて、
圭人は繊細で優しい心を持ってる。

だいちゃんはいつでも寄り添ってくれて、
いのちゃんは人のために涙を流す。

光くんは誰にも書けないくらい素敵な歌詞を書き、
髙木くんはたくさん笑わせてくれる。


薮くんはJUMPの柱だから。



これから先、誰も欠けることがありませんように。
30歳を過ぎても薮くんがいますように。
JUMPの笑顔をずっと見ていられますように。


私の会員番号は28万の後半でした。
おめでとう。

努力が本当に実り始めたね。







5月1日、私の中で何かが動き始めました。
それから1年が経ちました。
1年でJUMPが私の中でとても大きくなりました。


ここにいるみなさんも、JUMPも
私にはなくてはならない存在になりました。




大好き。




この想いが届きますように。


これからもずっと、
届きますように!