きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

それぞれの書く歌詞の魅力①

新学期の疲れか、熱が出ました(笑)
喉の痛みと鼻水が止まりません( ; ; )←



いきなりですが、!


アルバムを聴いてて思うことは、やっぱりメンバーが作詞した曲があるのは嬉しいなってことです。やっぱり、メンバーが作詞したってだけで その曲に対する思い入れが違うし、その歌詞をメンバー自身のメッセージとして聴くことができてなんだかとっても幸せになれます。

JUMPing CARにメンバー自身が作詞した曲が入っていなかったのは残念ですが、次のアルバムには入っていますように!と願う毎日です(笑)


そして、今日はそれぞれのメンバーが書いた曲について思うことを書いていこうかなと思っています(*´ `*)


メンバーが作詞した曲はたくさんあるので、今回はJUMP No.1・JUMP WORLD・smartに絞って書いていきます♪



* * *



まず始めは我らが絶対エース、山田くんから!笑


▷ 真紅 ◁

真紅は聴くまで、Candleのようなとにかく切ないメロディのイメージがあったんですが、聴いてみたら全然そんなことなくて。このアルバムが発売されたのは2010年だから、このとき山田くんは17歳。作詞したのは一体 何歳のときなんでしょう…!私はこんな歌詞絶対書けません(笑)

しかもタイトルが〝真紅〟って!
山田くん大人すぎて( ; ; )



▷ Candle ◁

ああ、来たCandle…!私の中で切ない曲、堂々の1位です!(笑)

Candleを作詞した山田くんは、真紅のときの山田くんよりだいぶ大人になっているのを感じて。Candleの世界観というか、表現の仕方がすごく好きなんですよね。

あの笑顔がずっとつづくため
君に向けた想いの灯を 願い込め消すこと

だから君が 辛くなった時は
今までの灯じゃないともしび 君の元へ届けるから


「キャンドル」と「好きな人への想い」を重ねた山田くん天才だなって思いました。

こんな歌詞書けるって、山田くん このとき何かあったのかなって思っちゃうくらい。好きだった人、結婚しちゃったのかなって。笑

それくらい気持ちが真っ直ぐ書かれていて、切ない曲でした。





次は知念くん。


すまいるそんぐ


個人的に始まりのピアノと、冒頭の知念くんのソロの低音がすごく好きです!笑

そして、知念くんらしく前向きで優しい曲。
学校の休み時間に書き上げたとは思えないくらいのクオリティで、知念くんすごすぎ。

落ち込んでも みんなそばにいるから 大丈夫だよ
立ち上がってよ 手をかすから さぁ

キミはキミの そう 一つだけの太陽
その、輝きをもっとずっと


人って十人十色で、ちゃんと一人一人にいいところがあるんだよ。自身持って楽しんで。

って知念くんが言ってくれてるような気がして、明日からも頑張ろうって思わせてくれる。

知念くん自身、本当に前向きな人で つらいことも楽しいことに変えちゃうようなイメージ。知念くんの笑顔には影が無くていつもファンを楽しませてくれる。だから、知念くんを嫌いになる人なんていないんだろうなって思います。




髙木くん。


▷ Time ◁

「髙木くんって作詞してたんだ!」ってアルバムを聴いたときに初めて知りました!!
曲も大人っぽくて、これ書いたのやんちゃ時代の髙木くんだなーって(笑)今の髙木くんだったら、もっとかわいい曲書きそう!笑

でも、この曲は覚えやすい歌詞でつい口ずさんじゃうような感じ。

カラッポの未来には手を出さない

いつの日か偶然 この広い空の下
会える事あれば いいじゃん


別れソングなんだけど、前向きな歌詞。
だから聴いてて重い気持ちにはならないのかなって思います。



裕翔くん。


▷ Dash‼︎ ◁

私が小学生のころ、プロフィール帳を書いてもらうのが流行ってたんですね。そのとき、書いてもらった友達が、カラオケでよく歌う曲に「JUMP」「Dash!!」って書いてあって。

当時は なにこれ?だったんですけど、今思えば、これかー!って感じです( ̄▽ ̄)


これもすごく前向きな歌詞で、テンポのいい曲で聴いてて元気が出ます!

僕の中の僕に聞いた どうしたいの?

さあ行こうぜ 向かい風も受けて

つらいほうが多い時もあるけれど
君にはさ、見てほしい 夢の先 輝く世界


Dreams come trueでポジションが変えられた裕翔くん。この曲は、前向きなメッセージをくれていると共に、ポジションを変えられて悩んでいたころの裕翔くんにメッセージを送っているんじゃないかなっていう気もします。

裕翔くんだから乗り越えられた壁。
裕翔くんにしか分からない葛藤。

この曲の爽やかな歌詞とメロディの裏には、裕翔くんにしか書けない想いが詰まっているような気がします。



圭人!


▷ Hero ◁

この曲は初めて聴いてて冒頭で落ちた曲。
メロディに一目惚れしました(笑)

あとから圭人が作詞した曲と知ってびっくりしました。まさか圭人に落とされるとは…!(笑)

As you need me,I need you

〝君が僕を必要としてくれているように、僕も君が必要だ〟っていうこの歌詞がすごく好きで。なんだか、ファンに言ってくれてるみたいで本当に嬉しいんです(笑)

I wanna let you know
You are my everything

僕は君に教えたい 君が僕のすべてだってことを

いつも君の事を想ってる
Don't worry,be happy

心配なんかしないで 安心して

I wanna let you know
please keep on smiling

僕は君に教えたい 微笑み続けて


圭人の優しさが溢れてて、それに元気がでて、登校中 毎日絶対に聴いてます!笑




だいちゃん。

▷ RELOAD ◁


だいちゃんってこういう歌詞書くんだ…って思った曲。Twitterで使われてる言葉でいうなら「オス岡」な一曲(笑)

でもやっぱりラップを書いてるだけあって、リズム感がすごくよくてノリノリで歌いたくなっちゃう。

やっぱりラップが書ける人って、言葉の入れ方がうまいですよね!どうして、こんなにリズムいい歌詞が書けるんだろうって。

コンサートで聴いてみたい…!!





* * *


今日で全部書きあげちゃおうと思ったんですが、薮くんと光くんは作詞した曲が多いし、書きたい事がたくさん出てきちゃうような気がするので、また次回、薮くんで1つ、光くんで1つで記事にしようと思います!



こうやって、それぞれの曲を聴いてみるとやっぱり個性があるというか、性格が出るというか、おもしろいですよね(*^^*)

いつかスク革で、山田くんと知念くんの作詞の話が出て、山田くんがコテンパンにされてましたが(笑)私は山田くんの書く歌詞も魅力がたっぷりあっていいなと思います!

真っ直ぐでわかりやすい歌詞だからこそ、その曲に入れるし感情を当てはめやすいし、Candleは本当に好きな曲のひとつなので、私は山田くんの書く歌詞も好きです!


でも、今回の中でやっぱり1番のお気に入りはHero(笑)まさかのね、圭人( ̄▽ ̄)

明日も聴きますよ〜(笑)←






ここまで読んでいただきありがとうございました!