きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

私の好きな嵐とJUMPについて語ってみた。〜嵐編〜

たぶん軽いインフルの私が、暇なので好きなことについて語ります。今まであんまり嵐のことって言葉にしたことがなかったから、これを機会に気持ちを整理してみようと思いました。

完全な自己満記事ですがよかったら覗いていってください(´-`).。oO

 

嵐とJUMPそれぞれで記事書くので今日は嵐編!

 

 * * *

 

 ◎好きになったきっかけ

明確に 好きになった日とかは分からないけど、嵐は見た目とか人からじゃなくて 曲から入ったグループ。まだ嵐を嵐として(ましてやジャニーズとしても)認識してなかった頃、小学生の頃のこと。歌番組でHappinessがかかると恒例行事が始まってた。それは、兄が私のお尻を蹴ること…今思うと意味がわからない(笑)でも私が、Happinessを歌うグループを見ていると兄が後ろにやってきてサビのテンポに合わせて蹴ってくるんです。もちろん本気ではないけど。なんだったんでしょう(笑)でもそれが、きっと私の中に嵐が入ってきたきっかけ。

ある日、私は熱を出しました(小4くらい?)。その時、暇つぶしみたいな感じで兄が嵐のCDを借りてきました。たぶん、Everything。それをきっかけに、なんとなく嵐の曲を聴くようになって、歌番組に嵐が出てたらどこの部屋にいてもダッシュでリビングに行き。アルバムが出たら借りる、ドラマに出演すれば見る、初期の嵐にしやがれ(セットが回転するやつ)や、ひみつの嵐ちゃんは毎週かかさず見て。まだ子供だったし、コンサートに行ったりファンクラブに入りたい気持ちはなかった。芸能人を好きになる感覚をまだ知らなかったから。

歳をとるにつれて忙しくなって、毎週かかささず見る番組も無くなってきて。でも、ひみつの嵐ちゃんはすごく好きで変わらず見てたから終わってほしくなかった(´-`).。oO だけど、ドラマに出てれば見る、アルバムが出れば借りるスタイルは続き今に至ります。

 

◎メンバーについて

大野くん、櫻井くん、相葉くん、ニノ、松潤。普通すぎる呼び方。周りでは翔くん呼びが多いけど、どうしても私は翔くんって呼べなかった。ずっと櫻井くんだった。一番最初に好きになったのは櫻井くん。かっこいい、ただそれだけだったんだけど。兄とも櫻井くんは普通にかっこいい、かっこよすぎるって言ってた(笑)初めは聴き分けできなかった大野くんとニノの声も今では聴き分けられる。大野くんは歌が上手すぎてつらい(笑)ニノの声が大好き。すぐに好きになれなかった相葉くんと松潤も今では好き。相葉くんは優しい、努力家、実家は中華料理屋さん。松潤は道明寺。花男何回見たんだろう、でも花沢類が好きでした(笑)

 

◎グループについて

〝やぶひか〟とか〝いのあり〟みたいなコンビ名(?)は全然わからない(笑)大宮くらいしか…;でも特に、このコンビが好きっていうのもないし この人が一番好きっていう熱い想いも特にないし、嵐っていうグループが、ジャニーズの嵐ではなく歌手としての嵐をきっと私は好きで、これは好きになったのが見た目とかからじゃなく曲から入ったからこそだと思う。嵐は嵐っていうグループをちゃんと仕事にしていて、でも仲が悪いなんて一切思わない。ベタベタするわけじゃない、でもお互いがお互いを信頼していて信じ続けていて、わざわざ手を貸して応援しようとかそういうのじゃなくて、「こいつならいける」ってそんな関係が大好きだ。嵐は一人一人がちゃんとしてる。ソロでもつまんないなんて感じさせない。みんながみんな魅力に溢れていて、華があって、それで十分なのに〝嵐〟になった途端 言葉には表せないほどの幸せと魅力で溢れる。だから、嵐っていうグループは必要で、私は嵐を信頼してる。

個人的にJUMPと嵐を掛け持ちしてるっていう意識は全くなくて、それもさっきから言ってる通り、私が嵐を好きになったのが曲からだったからだと思う。嵐の人柄ももちろん好き。でもそれ以上に嵐の歌声と嵐の曲が大好きだから、JUMPとは違う好きの種類っていうのが分かるから これはきっと掛け持ちとは言わない。

 

◎好きな曲

好きな曲なんて決められるわけない(笑)全部好きなんだからしょうがない!でも今日はこの記事の為に、好きな曲ではなく「最近よく聴く曲」「ずっと変わらず聴いてる曲」を紹介しようと思います(*´-`)

・言葉より大切なもの
PIKA★★NCHI DOUBLE
・Still...
僕が僕のすべて
・Rock Tonight
曇りのち、快晴
・I seek
・Daylight

こんな感じです(´-`).。oO なんか、好きな曲紹介するのも恥ずかしいですね。自分の好みがバレてしまう…(笑)

PIKA★★NCHI DOUBLEはみなさんご存知の通り、ベイジャンで大ちゃん・髙木くん・知念くんの3人が歌った曲です。これをきっかけに調べてフルで聴いたら、すっごい良い曲…!調べたら、ピカダブは全然売れなかったシングルらしくウィキペディアで調べてみたところ推定売上枚数は14.0万枚でした。でも、これが発売されたのって2004年だからまだそんなに売れてきてない頃だししょうがないんじゃ?と思ったりもしたんですけど、さすが嵐ですね…。各シングルによってだいぶ売上枚数に差はあるんですがだいたいは20万30万はいってる。嵐が売れ始めたと言われる10周年以降はほとんど60万近く。すごい…;

ピカダブを聴いてるうちに辿り着いたのが、言葉より大切なもの。曲名しか知らなかったので聴いてみると聴き覚えがあった。初めてじゃなかったのかもしれない…(笑)これもすごく良い曲!元気でるし、初っ端から大野くんのソロだし完全にハマりました。Still…、僕が僕のすべて、Rock Tonightは私の中では定番中の定番。I seekは聴いてて楽しくて、Daylightは前奏が最高に好き。曇りのち、快晴 は大野くんのソロ曲なんですけど本当にオススメですよ!歌うんまいんですあの人!本当に( ; ; )

 

◎好きな歌詞

 嵐って本当に、良い作詞家さんや作曲家さんに恵まれてるグループだと思っていて。嵐の曲についての批判ってあんまり聴いたことないし。だから、歌詞も素敵なんですよ!だから、好きな歌詞を一部(たぶん全部集めたらえらいことになるので笑)紹介します(´-`).。oO

 

疑うことなく旅する雲が 素晴らしい今日も
あなたよりも大きな愛は どこにもないんだよ

/ 言葉より大切なもの

時には泣いていいよ
弱いとこ見せても大丈夫
でもそこで腐るな!
まだやれる その先の夢(さき)

/ ファイトソング (作詞:嵐、作曲:二宮和也)

いつも焦ってた あの日の僕に会えれば
想い 伝え 叫ぶさ “夢はでっかく こう描く” 

/ きっと大丈夫 (Rap詞:櫻井翔)

幸せの虹は 何色なんて 気にしなくていいから

/ Happiness 

いま僕らは交点を結び それぞれの道へと進み
包み込む日々が輝きだすのは
時間(とき)がそれを彩り光るから 
僕はそして交点の先へ…
いつかまたね交点の先で

/ Step and Go (Rap詞:櫻井翔)

どこかで振り返る その時が来て
君に話をする その朝が来て
いつでも精一杯 走ってきたって
嘘偽りなく 言えたらいいんだ

/ 風の向こうへ

「こんな筈じゃない」逃げた心を
もう一度 あの日の 希望の色で満たしてよ

/ 曇りのち、快晴 (大野智ソロ曲)

ここに立ってる。
僕たちが今、輝けるのは君がいるから
5人でいる。ずっといる。

/ 5×10 (作詞:嵐)

いつからか少年は涙のわけを知り
心で 泣いて 顔は笑うんだ
咲いて 歩いてゆくんだ

/ Oh,Yeah!

 君は君 夢 でっかく描いて
僕はここから成功願ってる
「待ってるだけじゃ明日はないから
動いた ここじゃ始まらないから」

/ Still… (Rap詞:櫻井翔)

さよなら さよなら 巡り会えたそれだけで
幸せだって思えるよ
これから これから 君が笑えるように
僕の想い 虹に変わるといいな

/ 君が笑えるように

何があったって 今が最高って言えたら
それでいいんじゃない?

/ Rock Tonight

 

短くしようと思ってたんですけど、長くなってしまいました…ごめんなさい。

櫻井くんが、最初に書いたラップはアルバムHERE WE GO! の中のAll or Nothing っていう曲らしいんですが、私もまだ聴いたことがないのでいつか聴いてみたいなと思っています。ちなみに、シングル曲のラップを完全に担当するようになったのは「言葉より大切なもの」以降からで、毎回本当に素敵です。ラップそれぞれにストーリーっていうか聴き手に伝えたいこととか、櫻井くんの想いがたくさん詰まっていて、調べればその想いも分かったりするのでもし興味が湧いていただけたら、素敵なので ぜひ調べてみてほしいです(*´-`)

5×10の歌詞は10周年の時に嵐がつくったもの。去年、17周年のお祝いの記事を書いたときにこの曲の歌詞を全文載せているので、こちらも興味が湧いたらぜひ…!(笑)泣けます。

 

ここには書いていませんが、ニノのソロ曲で「虹」「それはやっぱり君でした」という2曲があって、これは本当にすごいです(笑)光くんの作詞したCome Back…?を聴いたときと同じくらいの衝撃。ニノ天才だろ…って思った(笑)とにかくストーリーやばいです、やばいです(2回言ってしまうくらいやばいってことです)。あとは20825日目の曲。もう何も言わないので調べてみてください( ; ; )ニノ泣かせるわほんと…(誰)

 

 ◎最後に、語ります

JUMPの好きと嵐の好きが違うように、嵐の番組を必ず見ることとかにこだわったりはしてなくて。でも、地上波された嵐の映画はなんかもったいなくて消せない。歌番組はできればリアタイして幸せになって、残したりはしない。唯一録画が残ってるのは15周年の時にNHKで特集されたものと、ひみつの嵐ちゃんの最終回。これは絶対消したくないし、録画した過去の私ナイスって思ってる(笑)今ではたくさんのアーティストが使うムビステを考案したのは松潤。いつもゆるそうに見えるけど、嵐が大好きで苦しむのは影だけで 人の前に立つ人のニノ。じゃんけんで決まったリーダーだけど、きっとこの人がリーダーにならなかったら今の嵐はない。抜けててもいじられても、最終的な判断を下すのは大野くん。本当に頭がいい人、最近のジャニーズって結構頭いい人多いし、もちろん努力してるのは分かるんですけど、正直なところ自分の力だけなのかは分からないなぁとも思っていて;でもきっと、櫻井くんは自分の力だけで上がってきた人。周りから反対されて、でも両立してきた人。ジャニーズにいるのはもったいないくらいデキる人。それが誰にも負けない魅力。ストイックで、誰よりも優しくて、きっと相葉くんのその優しさは言葉では表せないほど。

JUMPのおかげで 芸能人を好きになる気持ちを知った今でも、ファンクラブに入りたいっていう想いはありません。でも、死ぬまでに1回はコンサート行ってみたい。私にとって嵐は太陽みたいな人達。苦しい時、楽しいとき 無性に聴きたくなって嵐を探す。そんな私の気分に嵐の声はいつも寄り添ってくれる。一人一人の声質は全然違って、でもみんな上手くて、気持ちがこもってて歌ってるんだけど、その歌詞が全部台詞みたいにスッと心に入ってくる。初めて大好きになった歌手は嵐。嵐の曲が大好き。嵐の歌声が大好き。音楽を聴くおもしろさを知った。声を聴く楽しさを知った。

 

最後にもう一度。

嵐の人柄ももちろん好き。でもそれ以上に、私は嵐の曲と嵐の歌声が好き。ジャニーズとしてではなく歌手として、私は嵐が大好きなんです。

 f:id:inopomme:20170205103943j:image