きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

イマ

どんな雑誌でも必ず見たいと思うのはあなたで

9人が表紙の雑誌を買うか迷った時は、単独表紙の時欲しくなると思うし我慢するかってなって

絶対に逃したくないのはあなたの写真で

絶対に逃したくないのはあなたの言葉で

ああ、私はやっぱりあなたが一番なんだってふと思う

あなたの表情が好きで

いつも思い出すのはあなたの底抜けの笑顔で

それはきっとあなたが涙よりも笑顔でいる生き方をしてるからであって

でも担当の必要性が未だにわからなくて

本人たちも「だれがすき?」って聞いてるんだから、1番がいるのも自担というものも当たり前のことで

いわゆる私の自担はあなたで

でも私はあなたを自担だとは思いません

担当はつくらない、それだけ

自担はあなたですって宣言したら、私はいらない罪悪感を感じて悩むから

あなたが好きです

あなたの笑顔とふざけたときの顔が好きです

あなたの生き方が好きです

あなたを苦手に感じてる人以上に あなたを好きな人がいるから

きっとそれをあなたは知ってるから

信じるとかそんなことじゃなくて

あなたがあなたらしく今を生きたらついてくる人はたくさんいるよ

これからもあなたには届かないところで

偉そうに怒るよ、うるさく好きって言うよ

担当じゃないって見栄をはっていくよ

重いかもしれないけど、言葉にできないくらい大好きで大好きなひと。