きらりと、儚く

時計の針を眠らせて