きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

ドラマ「そして、誰もいなくなった」

とにかく日下さんは寂しい人だった。

 

同棲してから新一くん呼びを始めたのは、計画だったのかもしれない。でも、自分の本性を出してからも日下さんはずっと新一くん呼びをしていた。

憎んでいたはずの相手だったのに、あなたはいつしか藤堂新一を好きになってしまった。素で、新一くんと呼ぶくらい心を開いてしまっていたのかもしれない。藤堂新一は太ももを切りつけられたあと、気を失った。その時なら簡単に藤堂新一を殺せたはずだ。なのに、どうして殺さなかった?万紀子さんにジャケットを被せたのなんで?

あなたはとても寂しい人だ。

4人で過ごす日々に幸せを感じていたはずなのに、愛情を感じてたはずなのに、どうして自ら孤独になろうとする。

 

トモヤ、と万紀子さんが呼んだとき、「他の名前」は全部捨てたんだと言った。あなたは日下瑛治だ。他の名前って?本名以外にもあなたには名前があるの?

 

どうしても日下さんが、藤堂新一を嫌っているようには見えなかった。

 

行方が分からないまま終わってしまった人もいて、本当に死んでしまったのか分からないままの人もいて、まだこの話は全然終わってなんかない。藤堂新一の当たり前の日常は唐突に戻ってきた。でも、まだ全然終わってなんかないんだよ。最終回が終わってしまったのに、まだ来週も謎を明かしてくれる気がしてしまう。

 

警察から出て、早苗が藤堂新一を待っていたシーン。後ろを通った黒いトラックが気になってしょうがなかった。そのあとも、何台か車は通っていたし特に意味はないのかもしれないけど、子供の頃 万紀子とともに藤堂新一を殺そうとしたトラックを連想させた。その時の運転手は馬場さんじゃないだろうかと言う人もいる。もしそれが正解ならば、あのシーンで通ったトラックは、馬場さんがまだ生きていることを表してるんじゃないかって。日下さんは、馬場さんも砂央里ちゃんも死んだって言ったけど、砂央里ちゃんは全くぐちゃぐちゃになんてなってなかったし、実際は日下さんも真実を知らないんだと思う。だから、きっとどこかでみんな笑ってるんじゃないかなとも思ったり…。

 

そして、1番悪いのは、私の中では万紀子さんの旦那つまり藤堂新一の父親だと思うんです(笑)父親が日下さんと縁を切らなきゃ結婚しないとか言わずに、2人とも一緒に育てていこう。血が繋がってないことが子供達にバレたら離婚する、それくらい心の広くて優しい人だったら、万紀子さんも日下さんも藤堂新一も傷つかなかった!それを、縁を切ろとかいうからこんなふうになっちゃったんでしょ( ;  ; )日下さんに中途半端に愛情を捧げた万紀子さんも悪いと思うけど、やっぱり事の発端は父親では…(笑)そんなこと言い始めたらキリがないんですけどね( ;  ; )

 

最終回で放送された、弥生さんのシーンは踏み切り近くだった。でも、5話の最後で電話していたのは施設内だった。弥生さんは万紀子さんと、誰に電話していたんだろう?ここにも日下さんが関わってる…?

パーソナルナンバーのない、3人の名前 全部日下さんが考えたのかな。由来はないの?

8話でドローンの位置を確かめるスマホを持っている手、あれは日下さんの手ではない。なら誰の手なんですか。

 

 

どれだけ考えても、回収されなかった伏線の正解は分からないんだけど(´・・`)

 

「そして、誰もいなくなった」

それは誰の視点で言ってるんだろう。

 

 

でも、ドラマが終わったあと、誰かとそのドラマについて話したりするのは久しぶりでした。こんなにも、早く来週になってほしいと思えるドラマに久しぶりに会いました。

いのちゃんは演技がうまいんだと初めて知りました。あまり光の当たらない場所で過ごしてきたことが多かったけど、そのときに積み上げてきたものが存分に発揮された感じだったね。私はそれに気付かずに過ごして、光が当たったときにはもう、ただいのちゃんの演技に圧倒されることしかできなくなっていました。

「どう、殺した?」の声、藤堂新一を見つめる顔、すべてが私にとっては初めてでした。日下さんが藤堂新一を抱きしめるシーンを見て、いのちゃんすげえ…って言えた私はまだまだでした。最終回に近づくにつれて、どんどん言葉が出なくなっていきましたから(笑)

 

OPでは4番目の紹介。ボイスチェンジャーのシーンは最初の方で流れてた。最初から、いのちゃんは重要な役だったのかな。日下瑛治という役をいただけて本当によかった。約3ヶ月弱、あっという間で楽しかったです。

 

クリープハイプの「鬼」という曲、初めは変な歌だなぁと思っていたのにだんだん この曲を好きになっている自分がいました。なんでJUMPじゃないんだよ!って最初は思ってたけど、「鬼」ぴったりな曲でした。

 

 もうきっと、これ以降思い出として以外でそし誰について語ることはないと思うし(一回ちょっとだけありますが、今はまだ秘密です(*^^*)笑)、あとは日下さん・そし誰ロスから頑張って抜け出すだけです!

 

伏線気になるし、やっぱり終わってほしくなかったけど!最高でした!そし誰バンザイ!←

 

これからもいのちゃんに期待します♪(笑)

 

f:id:inopomme:20160913211638j:image

___ そして、誰もいなくなった

 

2016.7.17 ~ 9.11【 全9話 】

主演:藤原竜也

玉山鉄二二階堂ふみ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、志尊淳、今野浩喜遠藤要、おのののか、桜井日奈子ミムラ小市慢太郎神保悟志、ヒロミ、鶴見辰吾黒木瞳(参考:【公式】そして、誰もいなくなった)

 

【 視聴率 】

1話(85分):10.7%

2話:8.6%

3話:7.2%

4話:6.4%

5話:6.1%

6話:9.0%

7話:8.2%

8話:8.4%

9話:8.5%

 

以上、少しまとめてみました(´-`).。oO

 

f:id:inopomme:20160913211344j:image

f:id:inopomme:20160913211347j:image

 f:id:inopomme:20160913211426j:image

 

そし誰ロスが続くなか、久しぶりに西野カナのNo.1を聴いたら 塗くんに会いたくてしょうがなくなってしまいました。苦しいです(笑)