きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

スクール革命が好き

大人の真似をして でっかく背伸びをしたら
いきなり足がつった
まだまだ未熟なシックスティーン

 

最初は変わった曲だなっていう印象。

安っぽいって感じた曲でした。

 

でも初めて聴いてから頭から離れなくて、気づいたらリピートしまくってて大好きになってて。

 

周りに言ったら「なんか変わってるね」って言われちゃったけど、自分でもなんでこの曲って思ったけど本当に本当に大好きです。

 

スクール革命は、山田くん・知念くん・裕翔くん・大ちゃんが出演していたスクラップティーチャーの主題歌「真夜中のシャドーボーイ」のカップリングです。スクラップティーチャーは見てたんですが、小3の私はこのドラマで〝無様〟って言葉を覚えました(笑)

 

スクール革命の好きなところ。

 

①歌声がそろってない

発売は2008年10月22日、まだJUMPがデビューして1年も経っていない時です。だからみんな初々しくて、まだ子供っぽさが残ってて歌声が少しズレてる。そこがいい!でも今のJUMPと変わらず、どういう表情で歌ってるのか想像できちゃう。楽しそうに歌ってるんだけど、まだちょっと緊張してる感じ。笑

 

②知念くん

知念くんがかわいすぎる。知念くんの声がかわいすぎる。今とはちょっと違う知念くんの笑顔が見える。ずっとやまちねでパートを歌ってるんですけど、知念くんの声ばっかり聴こえる、かわいい(泣)

ハンバーグはメダルを超える

の知念くんの声がたまらなく好き!

 

③大ちゃん

弟組の中に大ちゃんがいるところ!お兄ちゃん感はんぱない大ちゃん。

 

④ソロパートの少なさ

知ってる方も多いと思いますが、調べてみたらこの曲はスクラップティーチャーの前に放送される5分くらいの番組で使われてた曲らしいです。だから4人しかソロパートがありません。

でもこれが当時のJUMPの現実を表してるみたいで切ない。きっとこの4人がJUMPを引っ張ってて表に出るのはこの4人が多かったんじゃないかなと。

それで逆にJUMPが愛おしくなっちゃうっていうか、なんか……

 

⑤作詞

好きになってしばらく経ってから気づいたのが、この曲の作詞は薮くんだったってこと。それを知った時びっくりして、でも嬉しくてさらに大好きな曲になりました。

 

 

やっぱり好きでも理由を聞かれるとうまく言葉にできなくて、ちょっともやもやするんですけど、でもとにかくスクール革命が大好きです。

それが伝わっていただけたら嬉しいです。笑

 

10周年のベストアルバムのリクエストが知らされて今すごくうきうきしてて考えてるんですけど、円盤化されてないものも候補の中にあるのが嬉しいですよね。10曲、じっくり考えてリクエストしようと思います。

もしかしたらこの結果でセトリが組まれるかもしれないですしね…!

 

発売はされましたが、スクール革命もぜひ!収録されますように!