きらりと、儚く

時計の針を眠らせて

6月。

 

お久しぶりです。

6月が終わり、今日テストが終了しました。

 

少しでも変わりたくて、ブログをお休みした6月。正直、この1ヶ月 すごく早かったです。 

変わりたいと思って、でもどうすればいいか分からなくて毎日淡々と過ごしていました。あまり深く考えず過ごしました。

 

 

裕翔くんの騒動も過去の話になってきて。でもやっぱり、私の中での裕翔くんのイメージは下がりつつありました。その時に、目にしたのがHOPEの公式Twitter。そこには裕翔くんが撮った写真がありました。裕翔くんは映ってなくても、そのツイートのハッシュタグには「#中島裕翔#中島くん写真上手」と書いてあって。裕翔くんらしいなって思いました。

「中島くんからのエールです」「 中島くんからみなさんに送る夜景です」その一文がすごく嬉しくて。コンサートでは、上の方の席までたくさん手を振ってくれて。いたジャンでは、優しい涙を流した。裕翔くんはやっぱり裕翔くんでした。騒動があったことは事実だし、許されないこともあります。でも裕翔くんならきっと変われる。そう信じるって決めました。

 

 

テスト中に溜まった雑誌は16冊でした。立ち読みしようにも、そんなにあると思わなくて ぱらぱらと見るくらいしかできなくて。JUMPは常に「感謝」しながら仕事をしてる。けど、私は今 この現状に感謝しながら生きれてるのかな。

 

6月は色んなことがありました。

色んなことがありすぎて、思い出せないくらいになってしまいました。

 

だいちゃん映画出演おめでとう。

27時間テレビの出演もおめでとう。

 

 

JUMPの勢いは止まらない。

最近はずっと、おめでとうしか言ってない気がする。

 

 

コンサートの申し込みが始まり、急にJUMPの存在が近くなったように感じました。

 

今年は会えるかもしれない。

JUMPに会えることが夢のようで、でも実際にコンサートに行ったらそれは夢ではなくて。9人は本当に存在していたんだ、って。

 

 

6月27日、父の誕生日に当落の発表が始まりました。テスト勉強中だったのにも関わらず電話をかけまくりました。どきどきして、手が震えて。どうしようどうしようって、ただただ緊張するしかありませんでした。

 

800回以上 電話をかけて、やっと繋がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全滅でした。

名古屋の3公演を第1希望から第3希望の中にいれました。正直、当選する気満々でした。根拠のない自信がありました。

 

どれくらい泣いたんだろうってくらい泣きました。これから、何を夢に毎日を過ごせばいいのかわからなくなりました。

 

言いたいことはたくさんあります。

下書きに書き殴ってあります。

でも、それを言ってもどうにもならないから。ただの負け惜しみにしかならないから、言いません。

 

 

ただ、当選されたみなさんに言いたいことは。

 

言いたいことは、

 

コンサートに行けるってことは本当に当たり前じゃないってことです。

 

 

今回のコンサートでは大勢のファンが落選しました。

去年の今頃より、JUMPのファンクラブ会員数は約10万人増えました。

 

 

そして、

 

あるサイトでは、2万枚以上のチケットが取り引きされました。Twitterでは「行けないのでお譲りします」「重複したためお譲りします」そんなツイートをいくつも見つけて。

 

正直、悔しくてしょうがないです。

 

金儲けの為に申し込んだ人がいなければ、無駄に多く申し込む人がいなければ、いったい何人のファンが当選できたんだろう。

 

その人たちがいるから、落選してしまうファンがいて。そのファンはしばらくJUMPを見るのがきつくなってしまう。見れば泣いてしまうから。

 

 

 

 

当選された方本当におめでとうございます。

そして、幸せな気持ちを邪魔してごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズ事務所の方に違法サイトの報告をすると、再抽選になる場合があって。みんな報告しよう、ってそんな呼びかけがされています。当選した人も、みんな協力してくれて、ファンの優しさに泣きそうになりました。

 

一般販売は電話で。

繋がる人なんか本当に一握りで。

 

でも、私はそれに賭けてみようと思います。

ガイシと、そして次は城ホにも。

 

最初と最後という、どちらも絶対に倍率はすごいです。でも、そこしか行けないので。もう当落発表が少しトラウマで、当選するなんて思えないけど。でも行きたい。会いたい。一目でいいから見たい。

 

 

転売やTwitterの力なんて借りたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に書かれてる気持ちには嘘もあります。こうやって、大人ぶってないとどうにかなっちゃいそうだから。

嘘を許してください。

 

 

 

 

 

当選された方 改めておめでとうございます。
そして、ごめんなさい。


当選することは当たり前じゃないです。
どんな席になっても喜んでください。
アリーナでコンサートを行うのは、もしかしたらもうないかもしれません。
こんなに近くでJUMPに会えることを喜んでください。

 

 

そして、何事もなくコンサートを終わらせてください。

思いっきり楽しんできてください。

 

 

 


それが、落選組の願いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月は色んなことがありました。

つらいことと幸せなことが同じくらいありました。

 

 

 

でも、幸せな月でした。